トップページ 環境への取り組み  RDFボイラープラントの仕組み

環境への取り組み

RDFボイラープラントの仕組み

  • よくある質問
  • エネルギーセンター概要

厚別エネルギーセンターでは、RDF(ごみ固形化燃料)を熱源としたボイラーを設置しています。
当社のRDFプラントでは、ダイオキシンの排出を抑制することと同時に、ダイオキシンを発生させないようにするために、以下のような具体的な対策を二重、三重に講じています。

画面をクリックすると拡大してご覧いただけます

RDFボイラープラントのダイオキシン対策

RDFボイラープラントのダイオキシン類対策

流動層ボイラー

800℃以上の燃焼温度でダイオキシン類を分解します。

排ガス減温塔

ダイオキシン類の中温域での再合成を最小限にくい止めるため、排ガスを減温塔で急冷することにより、合成温度域にとどまる時間をできるだけ短くします。

活性炭吹き込み

活性炭を吹き込むことにより、排ガス中のガス状ダイオキシン類を活性炭に吸着させ、バグフィルターでろ過・除去します。

バグフィルターに触媒ろ布を使用

通常のバグフィルターは、その構造から粒子状ダイオキシン類をろ過する働きのみで用 いられてきました。
当社が使用するバグフィルターは、ろ布自体にダイオキシンを分解するための触媒を充填していますので、ガス状ダイオキシン類についても分解除去することができます。

このページの先頭へ